出版社就活ブログ

もぬけの古墳

このブログについて

就活で出版社ばかり受けていました。

 

夢を追いかけていたあの頃。忙しかったはずなのにちまちまブログを書いてました。

 

思いつきや、時に誰かに向けて書くこともありました。色々な人に見られることで発見も多くあったのです。

 

でも、今の私にはブログが不要になってしまいました。こうやって自然と区切りがついてしまうのはとても寂しいけれど、それも現実です。トカゲの尻尾のように痛みもなく、私の文章は過去のものになっていきます。

 

でもせめて私の後を走ってくる人の役に立つ情報だけ残しておきます。きっとこれもどんどん古くなるでしょうけど、記録として参考にしてほしいです。

 

 

結局就活とは、青春のようなものだと私は思っています。胸が苦しくて、でも何にでもなれた、ノスタルジックな思い出です。

 

大人になっていくあの時間を一緒に過ごした人々に心から感謝しています。