古墳に入りたい

大学生活も残り半年でございます

打ち上げ花火下から見るか?横から見るか? はなぜ残念なのか

私は上から見る派。

 

エンドロールが終わると同時に後ろの席の女性2人がため息をついた。映画館の外は大雨で雷も鳴っていて、奇しくもいくつかの花火大会が中止になっていた。劇場全体に観客たちのもやっとした不満が充満しているようで、ユーザーレビュー2点は伊達じゃなかったことを実感する。夏と青春と、ドキドキとワクワクと、弾け飛ぶような感動はそこには無くて、あぁこれは残念な映画なのかとじんわり思った。

 

  • とりあえず良かった点

1PR

アイスとのコラボCM、映画の予告、youtubeでの主題歌のMV、書籍の展開など、期待感がとても高まった。雰囲気は最高。

2映像

シャフト及び新房監督は流石の映像で、綺麗なだけでなくハッとさせられるカットが多い。CGが入るのもダイナミックかつ不自然さがない。

3主題歌

DAOKOを起用しつつ、米津さんを掛け合わせたのは良かった。どちらも紅白も夢じゃないと個人的には思う。

 

  • 残念な点

1ストーリー

過去も未来もない話、という印象。

そもそもなぜタイムトリップできるのかが最後まで謎で終わる。「君の名は」であれば伝説が奇跡の根拠になるし、「時をかける少女」ではSF的な理由づけがある。元のドラマシリーズではタモリが案内人としてifの世界が生まれる理由になっていたのだと思うけれど、映画単品ではさっぱり分からない。

タイムリープもの特有の同じ時間が繰り返される苦痛も大きい、エンドレスエイト状態。もっと浮世離れしたカットを増やして欲しかった。主人公が作り出している世界だということが認識されてからも常識破りは少ない。特に祐介となずなの両親から逃げるシーンで、菅田将暉は「飛ぶよ」というのに飛ばない。ファンタジーに徹するなら飛んでも良かったのでは。

 

2キャラクター

声がダメ!という意見はよく見るがそんなに気にならず。広瀬すずはとてもうまいし菅田将暉も主人公のぎこちなさを表現していた。ただキャラクターの深みはないかなー。たとえばどんな子供だったかどんな大人になるのか、家庭環境、好きなもの嫌いなもの、全体的に薄味でもっと知りたいと思わせる感じもなかった。祐介と典道の関係も親友なんだろうけど、薄い。

特にモヤっとするのが、なずなは典道を好きなのか?問題。はじめに祐介を誘ってるわけだし、典道を好きである理由づけは全くない。あくまでifの世界で典道を気に入っているだけなのでは。そしたら典道が選ばれたのって菅田将暉だったからであって、それ以上の価値はないよね。

反対に、典道や祐介はなずなを本当に好きなのか?というのも謎。「告るから」とは言ってるものの真剣味がない。なずなは可愛い、だから好きという単純さしか感じない。もっと3人の過去を見せて!

 

3終わり方

ラストシーン、なずなは転校し典道は学校にいない。観客に想像させるオープンエンドゆえに典道死亡説まで飛び出している。ただifの世界は明確に破壊されたのでここを謎にしておく意味が分からない。なずなが去ったことがショックだったからサボって海でも見ているのでは?と個人的には想像するけれど、それなら教室の窓から外を見ていても同じだと思う。

もっとひっかかるのはif世界の終わり方。現実から幻想の世界へ行った物語は必ず現実に帰る。他の世界で幸せになることは真実ではないしそれは現実の世界で見ている観客にとって無意味になってしまう。そこで現実を選び取る意志が重要になる。それなのに典道のif世界を壊すのは花火師のおっちゃんであって典道が現実の別れを選んだという感じがない。じゃあずっと空想の中にいたら良かったじゃん!勝手に幸せになりなさいよ、観客なんて放っておいてさ。

 

  • まとめ

「君の名は」の次のヒットを狙ったこの作品。みんなが見るアニメ映画かつ大人も子供も見られるストーリーを目指した。菅田くん×すずちゃんの起用が批判されることもあるけれど、単なるアニメ界のアニメでも邦画でもないハイブリットな感じはいいと思う。

それだけにストーリーの粗さとかキャラクターの薄さが目立ってしまう。その一番の原因は?と考えて見ると……映画が短いことなのでは!90分はさすがに短い。だけど疾走感もない。君の名はでも107分あったんだから。

 

個人的には君の名はで成功したMVっぽさをこっちでも期待していた。音楽と映像がますます接近して欠けているものを埋めていく。そのスタイルはまだまだ追求できるはず。その点最後にDAOKOのforever friendsが流れたのは良かった。打ち上げ花火も劇中でかけてもいいと思うくらいピッタリ。

 

映画がより人気になってきているからこそ、中身はもっと濃密であってほしい。いい意味で期待を裏切ってほしい。古い映画を愛する懐古厨やメジャー作品を毛嫌いする人たちを黙らせるような映画を見たい!そう願ってやまない今日この頃です。