古墳に入りたい

大学生活も残り半年でございます

ケーブル不良

iphoneを白いケーブルでパソコンにつなぐと、ヴー!っと震えて画面に「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?」というメッセージが表示される。許可or許可しないを押そうとすると一瞬でメッセージが消えて接続が解除される。と思えばまたヴー!と鳴って表示が出て右上のバッテリー表示に充電中を表す稲妻⚡がでてきた。が、一息つく間もなく、次の瞬間にはそれは消えまたヴー!、消える、ヴー!、消える、ヴー!こんな調子でずーっとヴーヴー鳴っている。

f:id:sakurai104:20170730155422j:image

つまり充電ケーブルが壊れている。そのくせなんどかそれを繰り返すと何もなかったかのように普通に充電が始まる。さっきまでの異常事態はなんだったんだろう。そんなことを三日くらい繰り返している。iphoneのケーブル類は弱いとはよく言われるし自分自身もケーブルを引っ張りがちだからそろそろ寿命が来ているのかもしれない。切れた、切れていないが視覚的にわからない。それに古いテレビみたいにいじっていれば正常に戻ることもある。正常に戻れば使い続けるから新しいものを買おうとはならない。

 

 

イヤホンでも似たようなことが起きる。数か月から半年も使えばたいてい右か左のどちらかが聞こえなくなる。耳に合うかつ音が悪すぎないかつ許せるデザイン・色のイヤホンを見つけるのは大変だからしばらく片耳で聞くけれど音楽は両耳で聞くものだ。じゃあBluetoothにすれば?とも思うけれど、アナログなコードで繋がっている感覚が捨てられない。というか空気中を音楽がワープしてくるなんて受け入れられない。Wi-Fiバリバリ使っているにもかかわらず。

 

 

テクノロジーに気まぐれな不具合を見つけること。それはモノに愛着を感じることに繋がる。0から1の間の不完全な確率でエラーを起こすことが人間らしさだとすれば、まさにその誤謬性こそ愛の正体かもしれない。なかなか捨てられないケーブルはDVから抜けられない夫婦のようだ。頻繁に充電できなくなって暴力を振るわれるのに、時々ちゃんと使えてかわいい奴めと思ってしまう。真っ白なコードがグレーになるまで一緒に居たんだ。簡単には諦められない。

 

今もiPhoneはヴー!となっている。

代わりはいくらでもいるんだけどなぁ……