古墳に入りたい

就活日記

出版就活5

筆記対策編 

 

出版社は筆記が重要です。筆記でどれくらい落ちるかはググるかマス読みてください。ここで落ちると面接すらできません。なにが人柄重視だ!!

とはいえ、筆記は学力試験ではありません。コンテンツを作る会社なのでそれはそれは奇想天外な問題がでます。その中でとれるものをとれば通過します。通過してしまえば点数は関係ありません。というわけで、いくつかのジャンルにわけて対策をご紹介。

 

  • 作文

いきなり作文です。マスコミなら作文試験はだいたいあります。新聞なんかだと小論文みたいな形式が多いですね。800字が基本で、1200なんて会社もたまにあります。テーマは調べればわかります。ただ傾向は変わるので油断できないですね。「道」みたいなどうとでもとれるワンテーマから、「一番笑ったこと」のような体験を聞くもの、あとは三題噺もあります。とりあえず60分で書いて人に読んでもらいましょう。おそらく、体験談(ノンフィクション)の予定稿がもっともつかいよいことに気づくはずです。いや、フィクションでその場で書ける人はいいのですが、なかなかそうもいかないのでどんなテーマにも合う忘れがたい落ちのある話を書くのが無難なのです。自分のことを書くことで、自分はこんな人間だ!というのを相手にアピールできます。かといって「自分すごいでしょ!!」みたいな文章はぜんぜん読みたいと思わないので、おもしろ話を毎回書いていました。10回くらい同じ話を書いているのですが、今でも笑えます。自分が読んでつまらないものを人にだすのは失礼ですよ。時間を計ってみるとわかるのですが、意外と書けない人もいます。書ききれないのは問題外です。さらに常識問題と作文の時間が一緒のケースでは致命傷になります。速筆、ただし字は丁寧に!!

 

  • 常識問題

非常識な問題のことです。芸能、スポーツ、音楽、ファッション、政治、経済なんでもでます。情報感度が高ければ解けます。以下ぼくの対策を列挙。

 

1その会社、ほかの会社のヒットをリストにする。特に出版社のTwitterアカウントが感想をリツイートしている本はおされていると思う。話題の本、ヒットは書けるように。

2政治経済などは、朝日キーワード(試験を受ける時点では情報が古くなるので注意)、新聞ダイジェスト(買ったのは3月増刊号)、東洋経済の経済特集号

3エンタメは映画を見る、YouTubeを見る、日経エンターテイメント(買ったのはタレントパワーランキングの号)、週刊誌を読む(特に書評)

4漢字はマスコミ漢字

 

大学生の就職 マスコミ漢字 完全攻略本! <2019年度版>

大学生の就職 マスコミ漢字 完全攻略本! <2019年度版>

 

 

 

  • SPI

普通の問題もでます。WEBテスト対策本なんかをやっておくと吉。

 

 

筆記対策は以上です。なんだかんだ一番いいのは、最近の話題を友達と話すこと。そうやって楽しく覚えましょ。

次は面接記録編、いよいよ面接や