古墳に入りたい

大学生活も残り半年でございます

自然に帰れ!!

農業のお話。

 f:id:sakurai104:20170709225829j:image

ご縁あって年2回くらい栃木にある畑の手伝いに行く。秋は稲刈り、夏はじゃがいも掘り。今回はとくに暑い日だった。そんな日は土も熱い。

 

昔はもっと草とか土とか虫に触れていた。上京してからは自然からどんどん離れていった。

ビーガンとかロハスなんて聞こえはいいけれど、自然に帰るってことは本当は太陽のもとで汗を流すことだ。シティボーイなんてクソ喰らえ。腐ったジャガイモを投げつけてやる。

f:id:sakurai104:20170709225908j:image 

土って本当に不思議なものだと思う。どんな物質が土なんだろう。成分も、色も、柔らかさもそれぞれなのに土って呼ばれるものがある。土にはいいと悪いがある。いい土はなんだか感動的な触り心地、悪い土は生き物を拒む感触。 土の良し悪しなんてどこで学んだんだろう。それとも本能的に知っているのかな。

 

太陽も謎。住宅もない広大な田畑にでると太陽のダイナミックな動きを体感できる。日差しは過酷なのに木陰はとても心地よい。また、沈んでいくときの赤はずっと見ていられる。温泉に半身浸かりながら見る落日は本当に美しかった。そして夕刻に向かっていく日差しは緑をこの世で最も素敵な色に変えてくれる。

f:id:sakurai104:20170709225949j:image

 

自然に帰った一日、くたくたで帰りは寝てしまった。でも家についたとき思う。心はずっと健康になった。ありがとう自然!地球に生まれてよかった!!

 

 

おまけ

f:id:sakurai104:20170709230920j:image

唐箕(とうみ)が現役です!