古墳に入りたい

就活日記

ぶろぐ_こみゅにけーしょん_2.0

tumblerを始めた

f:id:sakurai104:20170618210339j:image

理由は単純。

ブログを始めてそろそろ2ヶ月。

はてなブログは、ぼくにとっての面白いもの、発見、エンタメをまとめていく場になった。ハッシュタグによってそれなりに、PVが生まれることも知った。自由に書いているようで、不特定多数に見られることを意識する。つまりちゃんと書かないと恥ずかしい!という気持ちが芽生え始めた。ブログ記事はどれも同じ程度の価値や質を持つべきだという発想も内面化されていく。

 

でも、自由に書きたい、吐き出したいという気持ちもあった。それはレギュレーション的に、つまりさくらっぷさんの評価を下げる意味で書けないことでもある。あまりに醜いし、他人にとってはどうでもいい。

 

これまで、衝動的な気持ち(短文)はtwitter、重い感情はメモにしてきた。ちなみに、メモのタイトルは「思いつきポエムはいつだってクソポエム」絶対に誰にも見せられない代物である。

 

自分の中で生まれる情報のスペクトルを考えてみよう。

 左が現象(エンタメ)であり現実

右が感情(サブカル)である。

 

ブログは左、tumblerは右

赤外線はメモ

そういう使い分けになりそうだ。

 

自分の中にtumblerの領域を作りたいのは、衝動ではない感情の渦を日記にしてみたくなったからだ。だから他者承認よりむしろ自己承認に向かっていくことになるでしょう。

 

ぼくの中の、ぶろぐ_こみゅにけーしょんは新しい棲み分けを見つけた。

This communication is

dis-communication.

またぼちぼち続けてみよう。