古墳に入りたい

大学生活も残り半年でございます

砂の町の銀座

東陽町まで行ったので

f:id:sakurai104:20170520143852j:plain

砂町銀座商店街まで足をのばしました

 

砂町はもともと海岸の寄り洲であった所を砂村新四朗が開発した場所

江東区近辺は江戸時代に埋め立てが進んだ場所が多い。

太い道と広い空、遠くにスカイツリーが見え、大きい川が走る。

所々に昭和チックな団地や新しいマンションが開発されていて、下町感と郊外感が混ざり合った不思議な風景が広がる

僕にとって、江東区はかなりの部分が未踏の地であり、下町なら浅草のイメージが強いのだけど、門前仲町近辺もいつか行きたい。

同じ東京の東側でも、葛飾や足立とも雰囲気が違うし、北部の荒川区なんかとも違う。

繁華街としての錦糸町も、東京一危ないなんていう悪評を聞くばかりだ。

 

f:id:sakurai104:20170520144953j:plain

砂町銀座商店街は細く長い

一番の人気店は魚勝

新鮮な魚介が格安で買えるみたいで、かなりの大混雑だ

奥に見える青いネオンがいい感じ

焼き鳥屋、おでんの具材屋さん、八百屋などなどまさに昭和の商店街

f:id:sakurai104:20170520145428j:plain

赤札堂は東京、千葉のそのへんに店舗をかまえるスーパー

「三等切符で一等のお買い物」がモットーで、下町に溶け込んでいる

言い方は悪いが、寂れたスーパーというのはなにかこう人を惹きつけるものがある気がする。コンビニエンスストアのようなマーケティングの行き届いた空間に比べると、デットスペースが多すぎるし宣伝のわりに安くもない。それでも地元に愛されているというのはとても不思議なことだ。

地元民の足は自転車

電車の駅からは距離があるため、バスも使われる

 

f:id:sakurai104:20170520145833j:plain

当然?パチンコ屋もある、ダイナムだったかな

客はおじいちゃんおばあちゃんばかり

TUCショップがパチンコ屋の隣の小道の奥にあるのが印象的だった

いまどきわかりやすい場所にあることが多いTUC

この、いかにも脱法感がエモい

 

それにしても、こういう場所に行くとものすごいうまそうに、それこそ大麻でも吸っているかの如く煙草を吸う人を見ることがある

あー、ニコチン中毒なんだなあって思う

でも今日は、デカビタを麻薬のごとく飲む老婆を見かけた

DEKAVITA Cは確かに、犯罪的な味かもしれないけれど、震える手で茶色いビンをつかんで懸命に飲む姿はなんともいえなかった。

 

f:id:sakurai104:20170520150929j:plain

f:id:sakurai104:20170520151011j:plain

お昼は砂町あんかけやきそば

お酢をかけていただく

具材の多彩さがすばらしく、全国各地からいろいろな人が集まってこの町を作ってきたことと重なった

銀座ホールも改修を経ているようで、きれいでノスタルジア

三丁目の夕日ですね

 

 

東京にはいくつも、まだ生きている商店街がある

砂町は不便な立地ゆえに地元の生活に密着しており、ノスタルジアを軸に観光地化していく商店街や暗い場所として衰退するアーケード街と一線を画す

 

思うに、江東区の町並みは排他性をもつのではないだろうか。

ここは比較的古い時期に拓かれた場所であり、かつてニューカマーだった人々は定着し保守化した

一方、新開発地域としてのマンション群は公開空地をもちつつも、そこを訪れる理由はない

そう、訪れる理由がないことは大きいのだ

ここは住む場所であり、観光地でもビジネスの場所でもない

だから町の作りとして排他的に感じる

 

その排他的な空間の中に突然現れる一本の魅力的な商店街

それが砂町銀座だ

 

おまけ

f:id:sakurai104:20170520152518j:plain

イテテッ