古墳に入りたい

就活日記

マスコミ漢字がんばります!!!!!!

漢字を勉強中なう

 f:id:sakurai104:20170519194647j:image

でもいまいち覚えられない

昔から字も汚かったし、漢字は苦手で諺とか意味不明

マスコミででる漢字なんて、そんなの使うわないでしょ!!ってのばっかり

 

でも明日から筆記試験3連だし……

そこで苦手かつ出そうな漢字問題をブログに書いていくという勉強法?を考案しました

 

  •  読み

播種 はしゅ 種まきのこと、じゃあ種まきっていえよ!

跪く ひざまずく

頌歌 しょうか 神の栄光、君主の徳、英雄の功績などをほめたたえる歌

独活 うど うどの大木のうど 独活鈴木

月代 さかやき 時代劇とかでみる男性の髪型

訥弁 とつべん つかえたりする話し方 詭弁って読みがち

箴言 しんげん いましめの言葉 諫言と間違えちゃう

仄聞 そくぶん (人づて等によって)うすうす聞くこと。 側聞と同じ

指宿 いぶすき 薩摩半島の南端

碩学 せきがく 学問が広く深いこと。そういう人 けんがくって読んじゃう

烏有 うゆう まったくないこと 烏有に帰すって使いたいな

無音 ぶいん たよりがないこと ぶいんぶいーん

狷介 けんかい 自分の意志をまげず、人と和合しないこと

湯桶 ゆとう ゆとう読みってやつです

緑青 ろくしょう 塩基性硫酸銅の色

梗概 こうがい 小説・戯曲などの大要を短くまとめたもの。 使わないでしょー

 磊落 らいらく 気が大きく朗らかで、小さいことにこだわらない

椿事 ちんじ 思いがけない大事件

頒布 はんぷ ひんぷってよんじゃう

蠕動 ぜんどう 消化管の動き

衒う てらう 奇を―

公孫樹 いちょう 公の孫の木? みんなから可愛がられている的な

井蛙 せいあ 聖闘士せいあ

天稟 てんぴん  うまれつきの性質・才能。

快哉 かいさい 気持がいいこと。痛快なこと。 叫ぶ!

鎹 かすがい 子は―

瀟洒 しょうしゃ 豪奢と注意

暫時 ざんじ 漸次 ぜんじ は注意する

貪婪 どんらん たいそう欲の深いこと。ひどくむさぼること

誰何 すいか 相手が何者かわからないときに、呼びとめて問いただす Suica

只管 ひたすら 只 管 ??

斯界 しかい 社会、この分野 きかいって読んじゃう

直截 ちょくせつ  すぐに裁断を下すこと、ずばっ

有卦 うけ 幸運 宝くじ当たった、まじうけー

瑕瑾 かきん きず、欠点 課金しすぎるのが彼の瑕瑾だ

一家言 いっかげん その人独特の意見や主張。ひとかどの見識のある意見

阿る おもねる 貶す けなす 唆す そそのかす

怯懦 きょうだ おくびょうで気の弱いこと。 今日だけは怯懦じゃない

褒貶 ほうへん 褒めて貶して

巷間 こうかん 世間 巷でちまたって読む

宿酔=ふつかよい 

月旦=げったん、人物評、月初めにやったらしい

 

  • 難しい言葉、ことわざなど

深更=深夜、江湖=世間、指弾=非難、星霜=年月

弱冠=20、而立=30、不惑=40、知命=50、耳順=60

芳紀まさに18歳

当たり箱=硯箱

有りの実=梨の実

むらさき=醤油

 

六日の菖蒲(あやめ)十日の菊=時期を逃したこと

みそをつける=面目を失う

引かれ者の小唄=どうにもならない状況に陥った者が、負け惜しみを言ったり、開き直って平気なふりをすること、引かれ者=罪人

曲学阿世=学を曲げて世に阿る

髀肉之嘆=功名手柄をたてる機会がないのを嘆く

推敲=文章を練ること

夜郎自大=井蛙

時の氏神=ちょうどよい時に仲裁する人

他人は時の花=他人の好意は花のように儚いのよ

半畳をいれる=茶化す

なさぬ仲=血のつながらない親子

つついづつ=筒井筒、幼馴染の男女が結婚

三人虎をなす=うそからでたまこと(三人が虎!っていったら信じちゃう)

風馬牛=無関係(馬と牛は恋しない)

大時代=古めかしい、おおじだい

青嵐=青葉のころに吹く、やや強い風。

示寂じじゃく=菩薩(ぼさつ)や有徳(うとく)の僧の死。

木に縁りて魚を求む=でたらめ、手段が大事なんや

有為転変=無常

角を矯めて牛を殺す=角をまっすぐにしようとしたら牛死んだ!、小さな欠点を直そうとして全体がだめになる

埴生の宿=みすぼらしい家

慙愧に堪えない=恥ずかしいいいいいい!!!!

目に角をたてる(目角)=怒ってにらむ

換骨奪胎=他人の詩や文章を語句だけ変えて創作にみせる、だめでしょ!!

小田原評定=決まらない相談

愚公山を移す=馬鹿なことでも積み重ねたらなんとかなる

衣鉢をつぐ=奥義をつぐこと

累を及ぼす=巻き添えに

月に叢雲花に風=よいことには邪魔がはいりやすく、長続きしない

梁上の君子=盗人

宋襄の仁=無用のあわれみ

三世の契り=主従の縁、過去、現在、未来にわたる

 

  • 書き 気になる間違いを列挙

 逝く、非業、撞く、蒔く、忌憚、踏襲、漸次、誘致、褒美、語弊、悠々自適、憚る、侮る、脅かす、紛れる、惨め、誘拐、洗濯、自縄自縛、擦る、回顧、不詳、執る、尊属、滞納、批准、綱紀、癒着、収賄、完膚、猜疑、藻屑、惰眠、牽制、威嚇、寒心、標榜、豊穣肥沃、痕跡、強靭、贅沢、普請、司直、枯淡、洞窟、怨念、戦慄、傍証、捜査、倣う、破算、挨拶、長広舌、億劫、所詮、案の定、無我夢中、除夜、新進気鋭、一堂

 

ううーーん

限界を感じる

漢検準一級を勉強しておけばよかった(三級すらもってないけど)