古墳に入りたい

就活日記

圧倒的な楽観主義は徹底した絶望に支えられている

就活中なのに遊んでるねとか

就活生なのにヘラヘラしているね

と言われる

 

深刻さを理解していないというか、真剣味が足りないというか

それで時に人を傷つけてしまう

 

 

圧倒的な楽観主義

 

 

でもでもでもでも

就活失敗しても死ぬわけじゃないし

就活成功しても明日死ぬかもしれないし

だとしたら今日楽しい方が良いんじゃないの???

と思ってる

 

 

底なしの絶望感

 

明日死ぬ感覚は、社会通念を破壊する力になる

半身浮世を離れているわけだから

半分死んでいる

 

半分死んでいる感覚は、社会にとって危険だ

だから僕はテロリストに向いていると思う。

シリアに生まれなくて良かった

ジハーディストに就職するところだった