古墳に入りたい

大学生活も残り半年でございます

就活の終わり

とても好きなcmがある。 JA全農の石川佳純のラジオcm。 「石川佳純はすごい!」 「石川佳純は天才だ!」 世の人がそう褒めたたえるのに、彼女は答える 「石川佳純はまだまだです。」 別に謙虚とかじゃなくて、本当にそう思ってるんだ。 そのCMを耳にするたび…

病と名前

精神科医になりたいと、ふと思った。 承認をめぐる病 作者: 斎藤環 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2013/12/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (12件) を見る それはこの本を読んでいたからだけど、 精神科医になれば、曖昧な苦しみへの明晰な…

夏が来た、今年も。

国立はもう朝顔市の季節。 素敵な季節にしよう。

170センチを死守したい

瀬戸際にいる。 今日は健康診断をした。4月に大学でしたのと、5月に会社のやつでしたのと、今回が今年に入って3回目。 はじめは採尿なんだけど、心構えをしていなかったので最後にした。うっかりしてた。胸部X線もわりと慣れた。目一杯空気を吸い込む。一瞬…

1147日記念

おめでとう㊗️ 今日は僕が育ててきたまりもちゃんの1147日記念日だ。べつに何日で祝っても良かったんだけど、今日祝う。明日も祝ったっていいのよ。 まりもの名はうに。初めは本当に数ミリだったのに、黒くてトゲトゲして大きくなってきたからその名前をつけ…

ぼくの築地論

はじめに 2017年6月現在、築地はまだある。ご存知の通り、昨年の11月に移転されるはずだった。しかし今も、活気に満ち観光客が押し寄せる。 豊洲移転をしつつ築地を活かす。迷走の末導かれた都知事の提案は論争を巻き起こした。移転問題は都議選の大きなテー…

宗教勧誘

現代の聖人か、はたまた迷惑な人たちか??? ※前提として、ぼくは神学的には不可知論の立場をとっています。 2日連続で宗教勧誘につかまり、しかもがっつり話を聞くという奇遇な体験をした。これはそのレポートと宗教勧誘の荒い類型化の試み、そして彼らを…

youtuberみたいな食生活

好奇心が抑えられなかった。 あかん、涙が止まらない。 尋常じゃない量のわさびマヨ。 匂いだけで咳き込む。そういえば嗅覚は化学物質を受容しているんだったな。涙、鼻水、汗たちがこの食べ物を拒否してる。 なんでこんなアホなことしてしまうんや。 ベスト…

人間の言葉

素直で、ねじくれてて、苦しくて、でも心から好き。 いい文、いい言葉に出会った時、鳥肌がたつ。 同世代の、稚拙で、生々しくて、共に生きてきた同じ時間をそっと重ねるような。 名言なんていらない。君の言葉があればいい。 励まさない。 苦手だから。自分…

じゃこめってぃおじさん

何が言いたいんだろうね。 新美でやってた。ブラックボックス展に4時間半並んで入場できなかった日のことだ。 ジャコメッティといえば、歩く人で、ブロンズの細い立体で、棒みたいな人間で、フランス。 それくらいしか知らない。それにジャコメッティがめっ…

愛は勝ちますか?

その娘の名前は須藤凛々花。すとう、と読む。 娘は恋をした。いや恋はしていない、なぜなら恋愛禁止のアイドルなのだから。 されど娘は結婚した。 弱冠20、AKB総選挙20位の娘は言った、初めてこんなに好きになれる人と出会ったと。 人々は怒り狂った。ルール…

ぶろぐ_こみゅにけーしょん_2.0

tumblerを始めた 理由は単純。 ブログを始めてそろそろ2ヶ月。 はてなブログは、ぼくにとっての面白いもの、発見、エンタメをまとめていく場になった。ハッシュタグによってそれなりに、PVが生まれることも知った。自由に書いているようで、不特定多数に見ら…

悲しくて美しい映画

冬。雪が積もり海も空も薄めた鉛色とクリーム色を混ぜた色をしている。内海はいつも凪いで、泣いている男がよく似合う。 Manchester by the Seaを観た。 主人公はケイシー・アフレック演じる一匹オオカミ、リー・チャンドラー。兄ジョーが、亡くなったことか…

#ブラックボックス展 を否定したい

僕らは、そとのひとよ 最果タヒ曰く 感情はサブカル。現象はエンタメ。 サザエbotで話題になった中の人こと、なかのひとよ氏の個展?であるブラックボックス展が終幕した。 #ブラックボックス展 “アルテマレベル” – ANONISM 一体全体、何があるかわからない…

乳首ピアスと下ネタ落語

TOKYOっていう街には不思議な夜があるもんで 下北沢ライブハウス観客は2人。荒れ狂うDJ、激しく腰を振りながらビールはイッキ。その男、上半身は裸。ステージのライトが肌色を照らす。下半身は短パンだけど半ケツ。下腹部にはカラフルなイレズミ、いやあれは…

T shirt Maker vol.1

これはもう服じゃない。 アイデアを、デザインを纏うのだ。 UTme! - スマホでデザイン、君だけのUT! ユニクロのオリジナルTシャツ作成サービスを利用した。 Tシャツ作りは新しい趣味になりそう。 今回作ったのは、好きは才能Tと、お墓猫T 仕上がりは思ったよ…

すごい!、かっこいい!❤️って言ってしまう人たちへ

「えー!〇〇大学なんですかー、頭いいじゃないですかー」 「〇〇目指してるんですか!かっこいいー」 なんて言われることが就活始めてからよくあって、その度に反吐がでる思いがする。きっと彼(女)らは、純粋にすごいと思ってるのかも知れないけれどどう…

脱皮

脱ぎ捨てた ⇧帰りに寄った豊川稲荷 午前の会社の面接はスーツで、午後の会社は私服。 朝早く家をでて、一度九段下のロッカーに私服をぶちこみ300円をピッ。 突然の作文、長い待ち時間からの普通の面接を無事終える。 昼、九段下で乗りかえでおりてピッ。 九…

梅雨くるる日々(雑記)

30から60。何の意味もない降水確率は僕の心を写さず雨はいつだって気まぐれに。5月の初夏の暑さはなかったことのように降る。とても冷たくて遠くの梅もきっとさんざんに濡れていることでしょう。ベッキーは復帰したのにあんまり目立たないからこの娘がもとい…

人生半分

損してるんだ あの映画を見ていないなんて 免許持ってないなんて チョコ嫌いなんて ワインの味を知らないなんて 人生半分損してる 一瞬一瞬、君の人生は半分ずつ無駄になる 東京女子流を知らず平成ライダーを見ずフルーツサンドを食べずパクチーは苦手でチョ…

神社_夏_祈り

日枝神社に立ち寄った 永田町から赤坂に向かって急な坂を下りると高台の森がある それが日枝神社 TBSの近くにある都会の神社 一度は行こうと思っていた その理由は、 この鳥居と階段だ 上から見るとこんな感じ 脇にはエスカレーターもついている 立派で真っ…

オジサン構文、大好きヨ(^ ^)

流行ってるよねー ↑使用例 オジサンLINEごっこ、本当に流行ってる 他にもキャバクラオジサンごっことかもあるけれど、検索すればノウハウがいろいろとでてくる! オジさんはそんなLINEしない? そんな気もするけど、楽しくて癖になる!!やめられない オジサ…

紗倉まなは、社会の外側から

性と聖が同じ音を持つのは偶然じゃない それは、sayもそうだし静もそうなのかもしれない 言語学的に否定される結びつきは、直感的には強力だ そんな言い古されたことはどうでもよくて、 社会に縛られて苦しい!って瞬間が誰にでもある 当てはめないで! とか…

卵酒

体調を崩した 一人暮らしで熱を出すと辛い 見る夢は、走馬灯 このまま誰にも知られずひっそりと死んでしまうのかな 咳をしても、独り ただ、春の夜の夢の如し だから 卵酒を作った フライパンにお湯をはって、鍋を浮かべて 日本酒を注ぐ 高いお酒が燗されて…

国立を捨てよ町にでよう

百田尚樹講演会が中止になった 案の定、KODA祭の趣旨に合わないとかなんとかで 一橋大・学祭実行委が百田尚樹氏の講演会を中止 百田氏は「おぞましい言論弾圧」と反発 当然といえば当然 だけど、1人の四年生としての立場からいうともっと根が深いと思った 実…

そして就活はつづく

夏より先に6月1日が来た 日本という島国の、就活族と呼ばれる若者たちはこの日を特別な日として信仰している 選考解禁!と銘打たれたこの日は、3月1日の就活解禁!よりもずっと虚しい 多くの企業はもう内々定を吐き出しているし、哀れな就活生達はそれに群が…

湯浅政明の下心

君の 好き は僕を変える ってほんとうに素晴らしいキャッチコピーだなあ 湯浅監督について 湯浅政明監督はついこないだ公開していた「夜は短し歩けよ乙女」の監督 「四畳半神話大系」含め、映像化不可能??とも思われた森見 登美彦ワールドをアニメーション…

秘密のとらっく

久々にback numberの逃した魚をiPhoneにいれた 逃した魚 アーティスト: back number 出版社/メーカー: idOLSMITH Recordings 発売日: 2009/02/18 メディア: CD クリック: 10回 この商品を含むブログ (6件) を見る 一曲目の重なりから再生した時、下に二つ並…

食べ物もお金も無駄にしてしまいました

どうにでもなれ〜 って思って油そば8人前チャレンジ(ダブル×4)に挑戦した 30分以内に食べきれば、10000円チャレンジ代金は3000円 仰々しく、身分証明に学生証をだし、ルールに同意するサインまでした さて一口まあ、普通の味一杯目(2人前)は勢いよく食べ…

ラブ&ピンク&ポップ

サブカルがここに結実する 一冊の漫画、一本の映画、一つの曲 90年代的感覚の元、三つのカルチャーが僕の頭の中で溶け合った 岡崎京子 PINK庵野秀明 ラブ&ポップそして大森靖子 PINKのお話 前提として、前の記事に書いた90年代感がありますので、 pink 新装…