読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古墳に入りたい

就活日記

思考整理

やっぱり筋トレ宣言

※この記事は半裸で書いています 夏が来る。 「じゃっ夏なんで」かせきさいだぁ 梶井基次郎の檸檬の中に出てくるような街の中は 埃っぽい匂いが立ち込める通り雨の後で 夏が来るから、筋トレをしようと思った。 でも、どうして人は筋トレをするんだろうか こ…

二つの違和感と僕のテーマ

水平と垂直 あー違和感ばりっばり 生まれてこのかた違和感ばりばりだったことがある それは社会学を志すきっかけであり、かつ解消されることのなかった悩みだ それは二つの断絶、違和感 一 同世代 どうして大学行って就活してっていう世界と、 高校でてすぐ…

新宿近辺のお寺にこんな柵があった 柵、というかフェンスゲートといったほうがいいのかもしれないけど 柵とは、境界線を隔てるもの であり、しがらみとも読む 漢字がその様子を完全に表していて、木でできた冊のような形の立体物がすぐに目に浮かぶ それが例…

(不)可能性の臨界 ー永遠の愛を誓わないでござる

大澤真幸用語 この本を読みました 現代日本の社会学的には大澤真幸は本当に凄い人 ですが 本筋には関係のない話を (不)可能性の臨界とは 形式的には可能だが、実質的には不可能な選択を前提にして、すべてのことがなされる。 筆者は例として 結婚式の宣誓…

社会学も東浩紀もキライでいいから

いい本 社会学とか臭いと思っていた ましてゲンロンなんて、 知識人気取りが群れている、拗らせた大人の集まりだと 1人の若者がそう思うのは無理ないし、実際そうかもしれないし、別に知りたいとも思わないけど だけどこれはいい本だ そういえば、僕が社会学…

ピンク色が好きであること

桜は散ってしまったが 就活で初対面の人に会う機会が増えた 互いを知ろうと話をする中で iPhoneピンクだねー とか ピンク好きなの? と聞かれることがよくある 確かに靴もイヤホンもピンクだし ピンクのネクタイをするくらいだから相当なピンクラバーだろう …

圧倒的な楽観主義は徹底した絶望に支えられている

就活中なのに遊んでるねとか 就活生なのにヘラヘラしているね と言われる 深刻さを理解していないというか、真剣味が足りないというか それで時に人を傷つけてしまう 圧倒的な楽観主義 でもでもでもでも 就活失敗しても死ぬわけじゃないし 就活成功しても明…

かわいー💕(資本)主義

卒論のアイデアの1つ その名の通り、可愛さという資本が絶対的価値を持つ世界観のこと 理念型としてのふわふわJKにみられると思うが、その実ぼくの頭の中にしかないのかも この世界には 可愛い 可愛くない わかんない の三者がある。 可愛いは善 可愛くない…