古墳に入りたい

大学生活も残り半年でございます

出版就活

出版就活まとめ

2017年の出版社就活情報をまとめました。あくまでも個人的な記録と反省によるものです。信じるか信じないかは自己責任です。 また、内容は変更する可能性があります。問題があった場合削除します。 以下、各記事へのリンクです。 sakurai104.hatenablog.com …

出版就活8

情報収集編 就活全般そうなんですが、情報をどうやって集めるかはかなり重要です。ぼくが出版社を受けるうえで情報をいかに集めていたかを公開します。 場所 都立多摩図書館(西国分寺) →マガジンバンク、雑誌が読める 国会図書館 →どんな本もある、古いも…

出版就活7

面接対策編 面接嫌ですねえ。毎回吐きそうでした。 面接に関してできる対策って結構限られている気がします。運も重要なんです。とりあえず自分が考えうる対策を公開しますのでどうぞ。 模擬面接? キャリア支援室、友達など可能であれば本番っぽい練習をす…

出版就活6

面接記録編 ※個人の特定を避けたいので3次までしかのせません。 ※出版のみ、感想も書いてます マス読の足しにでもしてください。 ・東洋経済新報 一次 落 個人30分、面接官3人、長い! やってきたこと、なぜ経済新報かを詳しく ・福音館 一次 落 集団20分…

出版就活5

筆記対策編 出版社は筆記が重要です。筆記でどれくらい落ちるかはググるかマス読みてください。ここで落ちると面接すらできません。なにが人柄重視だ!! とはいえ、筆記は学力試験ではありません。コンテンツを作る会社なのでそれはそれは奇想天外な問題が…

出版就活4

筆記記録編 可能な限り即日記録 日付、場所、結果、内容、感想、個別の対策など マス読の足しでもしてください。 以下の企業の筆記を受験(日付順) 東洋経済、ダイヤモンド、医学書院、文藝春秋(一次、二次)、新潮、講談、扶桑、朝日新聞出版、集英、光文…

出版就活3

ES編 出版社のESは手書き、かつ量が多いのが特徴です。その内容と実際にESを使った面接を受けた感触を書いていきます。 ESに書くこと 志望動機(なぜその会社か)、やりたい仕事(企画)、当社以外の就職希望先、好きな本・映画・雑誌など、新規事業提案・提…

出版就活2

インターン、OBOG訪問、説明会編 インターン 三年の夏はインターンの時期ですね。とはいえ部活もあったのでどうでもいいワンデイになんとなく行ったくらいでした。某新聞社は書類で落ちました。今思えば落ちても仕方ない内容だったのですが、行けなくてもい…

出版就活1

はじまり編 「出版とか向いてるんじゃない?」 キャリア支援室の某先生にこう言われたのがぼくが出版をめざすきっかけでした。当初ぼんやりとマスコミでテレビとか新聞かななんて考えていたのですが、その時初めて出版就活というものを考え始めたのです。テ…