古墳に入りたい

大学生活も残り半年でございます

ぽえむ

才と材 ディスリスペクトかつエール

お前の鳴らしたBASSの三連音が 果たしてどんな風に鳴っていたかおそらくお前はわかっていまいその純朴さとdoingした音の楽しさは まさしく俺を草葉のように震わせたおまえがその音の特性や無数の立派な順列を はっきり知っていつでも使えるのならばお前は辛…

敗れ去った球児達へ

夏の終わりに想うこと。 甲子園が終幕した時に書こう書こうと思っていたけれど、この暑さでどうにもやる気が起きなかった。でもやっぱり書いておこうと思う。 甲子園は特別な場所だ。球児もまたスクールカーストでいえば最上位で、学校中が応援する。よほど…

南条あやは生きている

本名 鈴木純 1980年8月13日-1999年3月30日 職業は女子高生、メンヘラ、ネットアイドル、フリーライター、リストカッター 死因は向精神薬中毒、意図的な自殺ではなかった。 卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫) 作者: 南条あや 出版社/メ…

私的ポエム論

これは私的タヒ論をなんとなくまとめるための助走であり、空虚な反論です。 誰にでも黒歴史ノートなんてものがあったりする。誰にでも、ではないのかな。でも多くの人はある日素敵な言葉を思いつき、そのきらめきに少し浮ついてメモの1つでもしたくなったこ…

蚊取り線香キメる

あ〜ヤバイっす、夏。 実は大好きです、蚊取り線香。 ふわっと香ってくると、あっという間に懐かしさが胸いっぱいに広がります。 畳でごろごろ。扇風機はあっちを向いたりこっちを向いたり。よく冷えたスイカと蝉の声。宿題も自由研究も残っているけれど、ラ…

人間の言葉

素直で、ねじくれてて、苦しくて、でも心から好き。 いい文、いい言葉に出会った時、鳥肌がたつ。 同世代の、稚拙で、生々しくて、共に生きてきた同じ時間をそっと重ねるような。 名言なんていらない。君の言葉があればいい。 励まさない。 苦手だから。自分…

愛は勝ちますか?

その娘の名前は須藤凛々花。すとう、と読む。 娘は恋をした。いや恋はしていない、なぜなら恋愛禁止のアイドルなのだから。 されど娘は結婚した。 弱冠20、AKB総選挙20位の娘は言った、初めてこんなに好きになれる人と出会ったと。 人々は怒り狂った。ルール…

ぶろぐ_こみゅにけーしょん_2.0

tumblerを始めた 理由は単純。 ブログを始めてそろそろ2ヶ月。 はてなブログは、ぼくにとっての面白いもの、発見、エンタメをまとめていく場になった。ハッシュタグによってそれなりに、PVが生まれることも知った。自由に書いているようで、不特定多数に見ら…

悲しくて美しい映画

冬。雪が積もり海も空も薄めた鉛色とクリーム色を混ぜた色をしている。内海はいつも凪いで、泣いている男がよく似合う。 Manchester by the Seaを観た。 主人公はケイシー・アフレック演じる一匹オオカミ、リー・チャンドラー。兄ジョーが、亡くなったことか…

#ブラックボックス展 を否定したい

僕らは、そとのひとよ 最果タヒ曰く 感情はサブカル。現象はエンタメ。 サザエbotで話題になった中の人こと、なかのひとよ氏の個展?であるブラックボックス展が終幕した。 #ブラックボックス展 “アルテマレベル” – ANONISM 一体全体、何があるかわからない…

乳首ピアスと下ネタ落語

TOKYOっていう街には不思議な夜があるもんで 下北沢ライブハウス観客は2人。荒れ狂うDJ、激しく腰を振りながらビールはイッキ。その男、上半身は裸。ステージのライトが肌色を照らす。下半身は短パンだけど半ケツ。下腹部にはカラフルなイレズミ、いやあれは…

脱皮

脱ぎ捨てた ⇧帰りに寄った豊川稲荷 午前の会社の面接はスーツで、午後の会社は私服。 朝早く家をでて、一度九段下のロッカーに私服をぶちこみ300円をピッ。 突然の作文、長い待ち時間からの普通の面接を無事終える。 昼、九段下で乗りかえでおりてピッ。 九…

梅雨くるる日々(雑記)

30から60。何の意味もない降水確率は僕の心を写さず雨はいつだって気まぐれに。5月の初夏の暑さはなかったことのように降る。とても冷たくて遠くの梅もきっとさんざんに濡れていることでしょう。ベッキーは復帰したのにあんまり目立たないからこの娘がもとい…

人生半分

損してるんだ あの映画を見ていないなんて 免許持ってないなんて チョコ嫌いなんて ワインの味を知らないなんて 人生半分損してる 一瞬一瞬、君の人生は半分ずつ無駄になる 東京女子流を知らず平成ライダーを見ずフルーツサンドを食べずパクチーは苦手でチョ…

オジサン構文、大好きヨ(^ ^)

流行ってるよねー ↑使用例 オジサンLINEごっこ、本当に流行ってる 他にもキャバクラオジサンごっことかもあるけれど、検索すればノウハウがいろいろとでてくる! オジさんはそんなLINEしない? そんな気もするけど、楽しくて癖になる!!やめられない オジサ…

紗倉まなは、社会の外側から

性と聖が同じ音を持つのは偶然じゃない それは、sayもそうだし静もそうなのかもしれない 言語学的に否定される結びつきは、直感的には強力だ そんな言い古されたことはどうでもよくて、 社会に縛られて苦しい!って瞬間が誰にでもある 当てはめないで! とか…

卵酒

体調を崩した 一人暮らしで熱を出すと辛い 見る夢は、走馬灯 このまま誰にも知られずひっそりと死んでしまうのかな 咳をしても、独り ただ、春の夜の夢の如し だから 卵酒を作った フライパンにお湯をはって、鍋を浮かべて 日本酒を注ぐ 高いお酒が燗されて…

国立を捨てよ町にでよう

百田尚樹講演会が中止になった 案の定、KODA祭の趣旨に合わないとかなんとかで 一橋大・学祭実行委が百田尚樹氏の講演会を中止 百田氏は「おぞましい言論弾圧」と反発 当然といえば当然 だけど、1人の四年生としての立場からいうともっと根が深いと思った 実…

そして就活はつづく

夏より先に6月1日が来た 日本という島国の、就活族と呼ばれる若者たちはこの日を特別な日として信仰している 選考解禁!と銘打たれたこの日は、3月1日の就活解禁!よりもずっと虚しい 多くの企業はもう内々定を吐き出しているし、哀れな就活生達はそれに群が…

食べ物もお金も無駄にしてしまいました

どうにでもなれ〜 って思って油そば8人前チャレンジ(ダブル×4)に挑戦した 30分以内に食べきれば、10000円チャレンジ代金は3000円 仰々しく、身分証明に学生証をだし、ルールに同意するサインまでした さて一口まあ、普通の味一杯目(2人前)は勢いよく食べ…

ラブ&ピンク&ポップ

サブカルがここに結実する 一冊の漫画、一本の映画、一つの曲 90年代的感覚の元、三つのカルチャーが僕の頭の中で溶け合った 岡崎京子 PINK庵野秀明 ラブ&ポップそして大森靖子 PINKのお話 前提として、前の記事に書いた90年代感がありますので、 pink 新装…

ぶろぐ_こみゅにけーしょん_

僕の将来どうなんのかな、 幸せになれんのかな…… そんなこと思いながら、ブログを書き始めてだいたい一ヶ月がたった 公開記事はこれで38本 出版就活についての記録もかなりの量、下書きで書き溜めている 他にも、おみくじの戦績(上半期で公開予定)とか、国…

リアルしか歌わねえ

MC漢という男がいる 職業はラッパー a.k.a GAMI、株式会社鎖グループ代表 いかつい風貌とフリースタイルのうまさで知られ、いかにもやばい雰囲気が漂っている 曰く、 「新宿スタイルはリアルしか歌わねえ」 彼はアンダーグラウンドビジネスでたんまり儲け、…

二つの違和感と僕のテーマ

水平と垂直 あー違和感ばりっばり 生まれてこのかた違和感ばりばりだったことがある それは社会学を志すきっかけであり、かつ解消されることのなかった悩みだ それは二つの断絶、違和感 一 同世代 どうして大学行って就活してっていう世界と、 高校でてすぐ…

新宿近辺のお寺にこんな柵があった 柵、というかフェンスゲートといったほうがいいのかもしれないけど 柵とは、境界線を隔てるもの であり、しがらみとも読む 漢字がその様子を完全に表していて、木でできた冊のような形の立体物がすぐに目に浮かぶ それが例…

いちばん近い海で 沈む

なんか嫌になって 海が見たくなった 別に入水自殺したくなったんじゃない 最低限100までは生きたいから 海風は塩の匂いだけじゃなくて、時々とてもくさい匂いがする フォトジェニックって言葉が好きそうな女の子2人が、付かず離れず干潟でカメラを構える 貝…